巻き爪の治し方

巻き爪の治し方

巻き爪治し方には、大きく分けて矯正と手術の2通りあるようです。このどちらの治療法を選ぶかは、専門医に症状を診てもらい、きちんと相談したうえで決めるとよいでしょう。
2通りとはいっても、矯正には形状記憶合金やワイヤー、BS/ブレイスなどの種類がありますし、手術にも鬼塚法や、最近主流となっているフェノール法などのやり方があります。巻き爪の治し方として人気なのは、痛みを伴わない矯正のようです。やはり、痛みを伴わない治療法は、誰しもが望むことですよね。

スポンサードリンク

ただ、症状が進行し過ぎているような場合には、矯正は難しいようです。
比較的初期の段階で症状に気がつけば、コットンパッキングなどで自分でケアをすることもできるようなのですが、巻き爪の治し方で一番確実なのは、やはり専門医に診てもらい、矯正か手術かなどの治療法を仰ぐことでしょう。
よくありがちなのですが、症状に気がついていたとしても、痛みがないからという理由で、そのまま放っておく人がいます。このような考え方は、症状をさらに悪化させる原因になってしまいます。
また、痛みなどの症状があらわれているにも関わらず、何の対策・ケアもせずにいると、ツメがどんどんと肉に食い込んでいってしまい、歩くのも困難に感じるほど、辛い思いをすることになってしまいます。
また、それだけならまだしも、場合によってはツメが食い込んで傷ついてしまった傷口が化膿してしまい、細菌が入り込んでしまう可能性だってあるのです。
こうなってしまう前に、症状に気がついたら、早めに対策をとるようにしましょう。そして、巻き爪の治し方よりもっと大切なのが、きちんと原因を知り、それに沿った予防をすることです。
常日頃から、きちんとしたケアを行い、足やつま先に負担をかけないよう心がけることが、結果として痛い思いをせずに済むことに繋がるのです。
当サイトでは、原因と考えられるものや、予防・対策に効果的だと考えられていることも紹介していますので、併せてご覧ください。

スポンサードリンク